暗号通貨と街と駅

ダイクン

仮想通貨

QUOINEが事業提携を発表したジブラルタル証券取引所とは?

投稿日:2017年12月23日 更新日:

12/22、QUOINEより事業提携の発表がありました。

QASHのテレグラムは上場後一旦は5,6倍程度まで値を付けながら(ICO時27円→160円!)もその後1ドル付近で底を作った若干期待値未満でパッとしないQASHの有り様にホルダーのヤキモキ感が蔓延していたなかで待望の上げ材料でした。

そのQUOINEの発表内容はヨーロッパにあるジブラルタル証券取引所との事業提携。

EU圏の法制下暗号通貨取引を率先するジブラルタル証券取引所

ジブラルタル証券取引所との事業提携の具体的内容は以下の4点。

  • ジブラルタル証券取引所(GSX)グループの暗号通貨取引所であるGibraltar Blockchain Exchange (GBX)の取引所システムをQUOINEが提供する
  • その取引所においてQASHが基軸通貨のひとつ(?)として利用される
  • LIQUIDプロジェクトにGSXが参画する
  • GBXが発行する「RockToken」のICOプレセールをQUOINEのCRYPTOSがグローバル販売を行う

要はQUOINEの姉妹取引所(GBX)がヨーロッパに生まれそこではQASH基軸で取引できるということですね、超意訳(笑)。RockTokenのプレセールが日本のQUOINEXで実施されるかは現時点で未定らしいけど栢森社長、なんとかしてください。。

ところで今回の発表で突然登場した「ジブラルタル証券取引所」って何者や、って人が多いと思います。私もそうでしたので調べました。

ジブラルタル証券取引所とは

実はジブラルタル証券取引所はEU圏で暗号通貨取引をリードしている取引所なんです!

2016年に法制下でヨーロッパの取引所で初めてビットコインEFI(現物取引)を扱い始めたのはこのGSX!!

そんなGSXがいよいよ自前の暗号通貨取引所をオープンするに際しそのプラットフォームを提供するのがQUOINEという今回の発表。テレグラムにもちょくちょく登場いただくナイスなQUOINE栢森社長もコメント。

今回、仮想通貨業界へ大きな流動性を提供しようという同じビジョンを持つGSXグループとのパートナーシップを締結できたことを光栄に思います。GSXグループが行うRock Token ICOへのサポートだけでなく、我々が発行するQASHトークンの価値に共感していただき、GBXでの決済手段に加えてくださったことも非常に嬉しく考えております。今後もQASHトークンの経済圏を拡大していき、GSXグループの仮想通貨事業の成長に貢献してまいります。

プレスリリースを探した限りでは具体的な日程の記載はありませんがICOも公表していることからGBXのオープンもそれほど時間は掛からないのでは。だってソフトの提供だけでしょと想定するのは雑ですかね。。

私もヤキモキしているホルダーのひとりですけどこの発表で少しは握力増したかも。QASHは2018年にブレイク銘柄となりますよ、目指せ2018年内1,000円!!

-仮想通貨
-, , ,

Copyright© ダイクン , 2019 All Rights Reserved.