暗号通貨と街と駅

ダイクン

仮想通貨

仮想通貨のクラウドマイニング・ジェネシスマイニングでZCashマイニングを契約

投稿日:

暗号通貨のクラウドマイニングを提供しているGeneis Mining(ジェネシス・マイニング)でZcashの採掘を契約しました。

クラウドマイニングは自分で機材を揃えなくても暗号通貨のマイニングができるサービスのこと。マイニング事業者に投資、成果の分け前を貰う仕組みです。

先日自分のパソコンでVergeのマイニングにチャレンジしブログ書いてるノートパソコン程度ではハッシュパワーが全然足りないのは身をもって経験済みなのでプロに乗っかることにしました(笑)。⇒パソコンを使った暗号通貨のマイニングのやりかた

ジェネシスマイニングの特徴

ジェネシスマイニングは日本語対応です。海外の事業者が多いクラウドマイニングサービスでこれは有難い。

Genesis Mining

Genesis Mining

マイニングは事前契約です。というのも今回契約したZCashのマイニングが開始されるのは2018年4月30日と少し先の話なんですねー(契約期間は2年)。

他にはビットコイン、DASH、ライトコイン、MONEROが採掘対象としてメニューにありますが現時点で契約できるのはイーサとZCashの2種類のみ。ジェネシスマイニングは世界的に有名なクラウドマイニングなのでこの2つが売り切れるのも時間の問題でしょう。

Genesis Mining Etheriumマイニングメニュー

Genesis Mining Etheriumマイニングメニュー

Genesis Mining ZCashマイニングメニュー

Genesis Mining ZCashマイニングメニュー

契約したのはジーキャッシュのスタータープランで530USドル。はじめてのクラウドマイニングなので最小プランで契約しました(照)。

ETHかZECか、ファンダメンタルズ視点でZECを選択

本当はイーサを契約したかったんですが2018年中にPoWからPoSへの移行計画(Casper)があってそれが実現するとハッシュパワー依存のマイニング(=PoW)では採掘できなくなる。

ジェネシスマイニングは2年契約、イーサの時価も考慮してるのかスターターでも1,500ドルで結構高い。一度契約すると返金不可なのでこれでイーサがPoSに移行となれば1年分がムダになるリスクがある。よって今回はZCashにしました。

ZCashはDash,MONERO(あと個人的推しのVerge)と並ぶ匿名通貨代表格のひとつ。匿名性通貨の悪用懸念は常に言われ続けていますが私は必要な機能だと思っています。ZCashの公式サイトにも出てますが匿名性はプライバシーの保護なんですよ。決して逃れる・隠すが目的ではない。

と、こんな風にファンダ的な情報収集、分析をしながらにどの通貨に投資するのか決めるのも暗号通貨投資の醍醐味だよなと改めて実感...。ブロックチェーン技術に裏付けられた将来目指す役割と機能があって面白い!

ジェネシスマイニングの支払方法は暗号通貨払いかクレジットカードから選べます。今回は私はクレジットカード払いにしました。

ハッシュパワーのマイニング割り当て

契約したハッシュパワーの割り当てを設定します。以下がその設定画面でデフォルトではZEC(=ZCash)が100%。

マイニングの割り当て

ハッシュパワーの割り当て

ZCashのアルゴリズムはEquihash、同じアルゴリズムを採用している他の通貨も採掘対象になっているのが分かります。ZEC以外ではETG,BTC,BTGの3つがありますが本筋のZCash100%にしときます!

報酬受け取り用のウォレットも必要なので採掘がはじまる前にZCashウォレットも作らなければ...マイニング開始は4/30、さてどうなることやら。。GenesisMining公式サイト

-仮想通貨
-, ,

Copyright© ダイクン , 2019 All Rights Reserved.